最近、息子の元気がなくなってきた・・・

最近、息子の元気がなくなってきた・・・そんなあなたはEDかもしれません。

EDとは勃起不全のことで、勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして満足のいく性交ができないなど、完全に勃起できない状態でなくても中度のEDとして定義されています。

1998年の調査によると、日本人の成人男性のおよそ4人に1人が中度のEDというデータもあります。

これは同じ男性の悩みで多い、AGA(薄毛)の方とほぼ同じ人数になります。

どちらも体の健康状態ととても親密な関係でもありますので、普段の生活習慣から見直すことも大事だといえます。

EDの原因とは

最ED(勃起不全)とAGA(薄毛)の方の患者数はほぼ同じでどちらも1,000万人を超え、成人男性の4人に1人がどちらかの症状、若しくは両方に該当します。

ED、AGAに共通していえることが年齢を重ねるごとに割合が高くなりますが、近年は若年層にも広がりつつある病気となっています。

EDのタイプは大きく分けて3つのタイプに分類され、心因性ED、器質性ED、薬剤性EDとなります。

心因性EDは心理的な要因で起こるEDで、経済的不安や仕事でのストレス、夫婦生活のずれや過去のトラウマなどが該当します。

器質性EDは加齢や生活習慣病などにより、動脈硬化が起こり、血管の拡張作用が弱くなってしまうことで血液の流れが悪くなることが主な原因となります。

勃起するには大量の血液を陰茎に送らなければいけませんので、血管や神経に障害が起こると、EDになる確率は高くなります。

薬剤性EDは服用しているお薬の影響でEDになることです。

特に中枢神経や末梢神経、循環器系や消化管に作用するお薬を服用することで、EDを引き起こす可能性があります。

つまり、心因性EDの元であるストレスを治そうと抗鬱剤や睡眠薬を服用したり、器質性EDの元である生活習慣病を治そうと血管拡張剤や高脂血症用剤を服用したりすると、薬剤性EDになる可能性があるということになります。

負のスパイラルに陥らないように健康管理はしっかりとしないといけないですね。

EDは早期に対応することが一番

「俺はEDじゃない!」と認めたくない男性も多いと思います。

しかし、EDの状態が続けば、自分だけではなく、パートナーに対しても不満を感じさせてしまいます。

また、EDの症状は重病になる前の合図だとも言われております。

心因性EDも器質性EDもどちらも病気との併用で起こるものです。

体が悲鳴を上げる前にEDの治療=健康な体を意識して体質改善に心がけることもEDを早期に治すことにもなります。

↑ PAGE TOP